ニート 職歴詐称 バレる

やっぱり職歴詐称ってバレる?

 

ニートともなると職歴の空白期間がネックになり、これをなんとかしたい、と考え職歴詐称に走る人がいます。

 

 

しかし、そんなことをしてバレないのでしょうか?

 

 


もし今、職歴詐称をしてでも働かざるを得ないほどお金に困っているのであれば、まず日銭を稼いだほうがいいかもしれません

 

 

ネットでお金を稼ぐ方法をこちらで紹介していますので、参考にしてください

 

 

 

 

職歴詐称がバレる原因

 

『雇用保険被保険者証』提出を会社に求められた際

 

入社の際に求められるのですが、『雇用保険被保険者証』は二枚つづりとなっており、点線を境に左側と右側に分かれています。

 

 

左側が『雇用保険被保険者証』、右側が『雇用保険被保険者資格取得確認等通知書』です。

 

 

左側の『雇用保険被保険者証』には貴方の氏名、生年月日、雇用保険番号、受理日が書かれています。

 

 

受理日はハローワークで受理した日なので、正確には前職の会社で働いていた日にちまで特定できませんが、ある程度推測することはできます。

 

 


一番バレやすいのは右側の『雇用保険被保険者資格取得確認等通知書』です。

 

 

雇用保険の手続きをした会社名が記載されており、一番最近まで勤務していた会社名はここでバレます。

 

 

提出する際は左側の『雇用保険被保険者証』だけでいいです

 

 

右側は切り離して提出しないようにするか、安全にいくなら番号だけメモして渡すようにすれば問題ないと思います

 

 

番号だけわかれば手続きはできるので

 

 


普通は雇用保険の加入履歴なんて極秘情報ですから外には漏れないのですが、ハローワークの担当者は見れるので、担当者がアホだとどうなるかはわかりません

 

 

ハローワークの職員なんてほとんど臨時職員ですし、いいかげんな職員がいてもおかしくありません

 

 

 


一番安全なのは「雇用保険被保険者証はなくしました」とか言って新規で取得してもらうことです。

 

 

氏名と生年月日で記録と照らし合わせ、新規に発行されます。

 

 

しかし前述したように過去の加入履歴はハローワークの担当者は見れるので、情報漏えいの危険性はどうしてもつきまといます

 

 

多分ないとは思いますが、これは排除できないリスクなのでわかんないですね

 

 

まあ、それで文句言ってくるような会社に勤めても、息苦しい気がするし最悪の場合諦めるべきだと思います

 

 

年金手帳を提出する際

 

個人事業でなく株式会社などの法人になっている会社は厚生年金に強制加入しなくてはいけません

 

 

が、「ウチは厚生年金はない!おまえらは国民年金でなんとかしろ」という悪質な会社もあります。

 

 

そういうブラックな会社であれば当然年金手帳など提出を求められないので、問題ありません。

 

 


年金手帳には、過去の職歴で厚生年金に加入していた記録が印字されています。

 

 

ここで職歴詐称が発覚するケースが多いです。

 

 

社会保険事務所に行き、「年金手帳をなくしたので再発行してください。過去の記録は印字しないでください」と頼み込めば、まっさらな年金手帳を手に入れることは可能です。

 

 

私もやってみたことがありますが、無茶苦茶渋られました。

 

 

死ぬほど頼み込んでなんとかまっさらな年金手帳を手に入れましたが…。

 

 

地区ごとの社会保険事務所の方針、担当者によると思います。

 

 


ですが、ネットを見ていると「まっさらな年金手帳を提出したのに、過去の加入履歴が印字されて戻ってきた」という声もありました。

 

 

単に年金番号を知るためだけに提出を求められたのなら、このようなケースはありません。

 

 

番号だけわかれば厚生年金加入手続きはできるので。

 

 

この場合は年金手帳を会社の担当者が社会保険事務所に持っていって、社会保険事務所の担当者が履歴を元に全部印字してしまったのでしょう

 

 


よほど職歴詐称にうるさい会社だと、年金記録台帳のコピーを出せ!という会社もあるようです。

 

 

年金記録台帳を見れば、過去の職歴とだいたいの給料額がわかります。

 

 

ここまでやられるとさすがにバレますので、その会社とは縁が無かったと諦めて次に行きましょう

 

 

 

源泉徴収表の提出

 

今年バイトなり何なりしていて働いていた場合、転職先の会社で源泉徴収表の提出を求められることがあります。

 

 

これは年末に所得を確定させるために年末調整というものをしなくてはならないので、そのために必要です

 

 

源泉徴収表には退社日が記載されているので、そこを詐称しているとバレます

 

 

まあ、前の会社がいい加減だと退社日にズレがあったりするようなので、誤魔化せる可能性はありますが…

 

 


まあ、これは自分で翌年2月15日〜3月15日の間に、自分で確定申告すれば問題ありません

 

 

私も年末調整で源泉徴収表出し忘れて、自分で確定申告したことがあったので

 

 

 

まあ、今年は働いていなかったニートの方であれば多分ここは問題ないでしょう。

 

 

 

前職調査をされた場合

 

よほど大きな会社や、金融業や警備業だと信用が第一なため、詳しく調べるようです。

 

 

ですが、それ以外の業種の中小零細企業なら普通そこまで調べません。

 

 

せいぜい履歴書に書かれてる前職の会社に電話かけてみるとかその程度でしょう。

 

 

そういう意味では、職歴にある会社が全部倒産している場合が一番安全です。電話をかけられることもないので

 

 


架空の会社をデッチあげ、職歴に記載するという非人道的な方法もありますが…

 

 

会社の登記を調べられれば一発でバレますが、よほどうるさい会社じゃないとそこまでしないでしょう

 

 

ですが、個人情報保護法の施行により、本人の同意なしには前職調査をできなくなりました。

 

 

同意なしに行った企業は、違法行為を平然と行う反社会企業といえます。

 

 


とはいえ、会社、担当者によっては今も平然と行われているようです。

 

 

まあ、そんなの普通の人知らないですもんね。

 

 

現状やり得な感は否めないので運次第と言えます

 

 

まーそれで落とされるような会社だと、入社してからもめんどくさそうだからいいと思いますけどね。

 

 

貴方を受け入れてくれる会社を探せばいいと思います

 

 

 

人からバレる

 

一番多いといわれているのが、コレです。

 

 

分かりやすい例えで言えば、その都道府県のある大手企業で働いていた、などと偽った場合。

 

 

働き始めた会社で「○○さんってあの会社で働いてたんだ〜実は俺もなんだ」みたいに、その企業の出身者がいると高確率でバレます。

 

 

大手企業ほど社員数が多いということであり、本人がその会社に勤務していなくても、知り合いが働いていたり、親戚が働いていて詳しく会社の内容を知っていることもあります。

 

 

詐称する職歴の会社でバイトしてたとか派遣で働いたことがある、という場合であればある程度話を合わせる事ができるのでバレる可能性は下がりますが、確実とはいえません。

 

 

人はどこで誰と繋がっているかわかりません。

 

 

 

本人のせいでバレる

 

働き始めてしばらくたって、もう大丈夫だなと油断してしまい、ポロっと口が滑った結果バレるケースです。

 

 

本人がバラしてしまっているのですからどうしようもありません。

 

 

履歴書どおりだと空白期間はないのに、「一時期ニートやってましたw」とか言ってもバレます。当たり前ですが

 

 


あとは、働き始めてからあまりに使えない人材だと判断された場合、会社側に疑念をもたれる可能性もあります。

 

 

例えば、ない経歴をあったと言って採用された場合。

 

 

その経験がある(と採用した側は思っている)割には仕事ができない……なんて場合、採用した側は疑念を持ちます。

 

詳しく調査してみよう、と思わないとも限りません。

 

 

 

あとは、特定の分野の知識が履歴書通りならあるはずなのに、本人にその分野の知識がほとんどない場合。

 

 

これも当然疑念を持ちます。

 

 

面と向かって「お前本当に○○で働いてたのかよ?」くらいは言われると思います。

 

 

 

職歴詐称は罪になるのか?

 

一見すると私文書偽造や詐欺罪にあたりそうな気がしますが……

 

 

私文書偽造は、他人の名前を騙った場合には罪になりますが(有形偽造)、虚偽の職歴を書いたとしても(無形偽造)罰則はありません。

 


詐欺罪は、人を騙して財産上の利益を得た場合に罪にあたります。

 

 

職歴詐称は人をだましてはいますが、単にそれで会社員という地位を得ただけでは財産上の利益にあたらず、詐欺罪にはあたらないようです

 

 

学歴詐称は軽犯罪法違反や労働契約法違反、卒業証明書を偽造した場合は私文書偽造罪になります。

 

 

また国家資格を持っていないのに持っているといって採用され、国家資格がないとできない業務独占の仕事をしてしまうと罰則があります。

 

まあ、たまに医師免許偽造して医者として働いてた…みたいな事件があったりしますが…運よくバレずに働けている人も案外いるでしょうね

 

 


ですがバレると当然、懲戒解雇の対象になったり、企業に損失を与えるような結果になった場合、裁判になる可能性もあります。

 

 

裁判になると、裁判官次第で判決が変わったりしますのでなんともいえませんが

 

 

バレたら辞めさせられる可能性がある…くらいに思っておけばいいと思います

 

 

 

結論 受ける会社次第、職歴詐称の程度によってはバレない

 

明らかにバレるような職歴詐称や、何の対策もしていない職歴詐称であればバレる可能性は飛躍的に高まりますが、これらのリスクを想定してほどほどにやれば、バレる可能性はかなり下がるでしょう。

 

 

特に、中小零細企業ではそこまでやる会社のほうが少ないので、バレる可能性は下がります。

 

 

そこまで暇じゃないですし、最近は人手不足の会社も多いですから

 

 

 

やり方によっては罪にはならず、現在も職歴を偽って仕事を探す人間が横行しています。

 

 

まあ、完璧に自分の職歴を把握してる人も少ないでしょうしね…転職回数多ければなおさら

 

 

あんまり厳密に職歴詐称とか言い出すと、ウッカリ間違えただけで職歴詐称になってしまいます

 

 


とはいえ……企業に空白期間への理解を求めても無駄でしょうし、ましてニートともなれば受け入れてくれる会社は少ないです。

 

 

やるならばバレた時に過失程度で済むほどに、バレた場合のことも覚悟して行ってください。

 

 

一応、いつかはバレると思っていたほうが賢明です。

 

 

そして、採用されたらバレた時にも会社にかばってもらえるくらいに、恩返しするつもりで精一杯働いてください。

 

 

換えの利かない人材になっていれば、後々バレたとしても解雇はしないと思います。

 

 

 

ウソをバレにくくしたいなら、本気でそのウソを信じ込むこと

 

バレる可能性があることには対策をし、ウソの職歴についてされるであろう質問には完璧に答えられるようにしておくのは大前提ですが

 

 


勘のいい面接官、鋭い面接官が相手だと、ウソを見破られる可能性も考えられます

 

 

見破られなくても、「あれ?」と疑念を抱かれるだけでも採用を見送られる可能性がありますし、前職の会社に電話してみるか、とならないとも限りません

 

 

やっぱり、ウソをつく際には些細な行動の違いが体に出る…ってのはよく言われることなので

 

 

面接で質問と応答の回数が多ければ多いほど、面接時間が長ければ長いほど、相手にウソを見破るための情報を与えることになるので、バレる可能性は上がります

 

 

まあ普通そこまでする面接官いないと思いますが、怖いことに無意識でやってる人もいるんですよね…

 

 

そんな神経質な人と一緒に仕事すると疲れるでしょうから、別に落とされてもいいとは思いますが

 

 


こういうリスクも排除したい場合、もうそのウソを事実だと本気で信じ込むしかないです

 

 

自分で自分をマインドコントロールして、あの時はここで働いていたと。こんな感じだったと。記憶を捏造しないといけません

 

 

本人がウソだと思っているから些細な行動に現れてバレるわけで、本人がそれを本当にあったことだ、何の問題もないと本気で思い込んでいれば、見抜きようがありません

 

 

もう詳細に記憶を捏造したほうがいいです

 

 

震災の時は職場でこんな感じで大変だったとか、リーマンショックの時は会社内ではこんな感じだったとか、前の職場の近くにあるあの店のラーメンは美味いとか

 

 

ウソをつくのが下手な人ほど、これを入念に行っておくことでバレる確率を下げられると思います

 

 


それでもバレた場合は…もう諦めるしかないです

 

 

ゲームに負けたとでも考えて、大人しく降参しましょう

 

 

 

職歴詐称は許されることではないが……

 

どんな人間でもすぐに就職しやすい世の中であれば、職歴詐称なんてする人間はいないです。

 

 

する必要がありませんから。

 

 

ですが企業側があれこれ応募条件をつけてハードルを上げている上、企業側もウソの待遇を求人票に記載し、多くの求職者を集めています。

 

 

それは罪にならないのでしょうか?

 

 

 

そして、働きたくても働けない、採用されない人間が膨大な数います。

 

 

労働人口が減ってきているというのに、ニートは数十万人、フリーターは数百万人います。

 

 


生活保護費がどんどん膨らんでいっているのも、フリーターやニートの年金未払い問題も、そのあたりに問題があるような気もします。

 

 

ニートだからフリーターだから、ブランクが長いからと正社員採用しないようでは、社会保障費はどんどん膨らむばかりです。

 

 

再チャレンジさせない日本の社会が、これらの問題を引き起こしているような気がしてなりません。正直異常です。

 

 

個人的な考えですが、企業側が妥協して採用のハードルを下げない以上、多少のズルをしてでも正社員になり、真面目に働いて会社に利益を出し、きちんと納税をし、経済活動に貢献してもらったほうが、社会全体としては利益があるような気がします。

 

 

もし職歴詐称をしないと就職できないニートが目の前にいたとして、「職歴詐称は絶対にするな!!採用してもらえないならずっとニートをやって野垂れ死ね!!」なんて私は絶対に言えません。

 

 

職歴詐称は許されることではありませんが、それをすれば人並みの生活に戻れ、将来の心配もなくなるのであれば、私ならやります。

 

 

人生がかかっているのですから。

 

 


ですが……そんな事情があろうとなかろうと、ルールはルールです。

 

 

職歴詐称は絶対に辞めましょう。

 

 

その結果どうなっても、責任がとれません。

 

 

やるならば自己責任でやってください。

ニートの職歴詐称はバレるのか?関連ページ

30代ニートの応募書類はどうすればいい?
30代ニートの応募書類は、どのように作成すればいい?
口下手な人のための面接練習方法
口下手で面接で落ちる…という方のために、効果的な面接対策を提示します
ニートが資格を取っても意味はあるのか?
ニートが就職に有利な資格を取ろう!と一念発起することはよくありますが、本当に意味はあるのでしょうか?
ニートに最適な求人サイトは
ニートは、どんな求人サイトを使えばいいのでしょうか?
25歳貯金なし無職ニートは、これからどうすればいいのか?
25歳貯金なし無職ニートの方で、これからどうしたらいいか途方に暮れている方のためのページです。
ニートだけど何もやる気がない!?働く気を起こすには?
ニートだけど何もやる気がなく、働く気すら起きないという方のためのページです。
自動車免許がなく、車を持っていないニートの方
東京などの大都市であれば電車通勤ができますが、地方になると自動車免許と車がないと通勤すらできない、面接に行くことすらできません。
お金がないニートが小遣い稼ぎする方法
お金がないニートでもお金を稼げる方法をまとめました
30歳アルバイトが就活にかかる期間はどのくらい?
30歳のアルバイトフリーターが、就活で内定を得るまでの期間はどのくらいなのか?
女性の30代ニートは就職できるのか?
ニートというと男性をイメージしがちですが、女性の30代ニートの就職活動はどうすればいいのでしょうか?
一年以上ニート歴があると、就職できないのか
ニート暦が1年を超えてしまうと、もう就職できないのでしょうか?
求人票のウソを見抜きブラック企業を避ける方法
就職活動をしていると、求人票にウソばかり書いている会社を目にします。そういった会社を避けるにはどうすればいいのか?
バイトすら見つからないニートは、どうしたらいいのか
バイトしてニート脱出しよう!というニートは多いと思いますが、バイトすら受からない…という状態になっているニートのためのページ
フリーターは、契約社員でも就職すべきか?
フリーターだけど、契約社員で内定もらった!…でももともと正社員になりたかったんだけど……どうしよう?と悩むフリーターの方のページです
一度も就職したことがない30代ニートでも就職はできるか
職歴が多少なりともあるのならばまだしも、一度も就職したことがない30代のニートは就職できるのでしょうか?

就活軍資金の稼ぎ方 ニートに最適な求人サイト ニートの応募書類の書き方